自分に合ったソファの選び方を

ソファやソファベッドの選び方は、基準にするものを明確に

さまざまなソファがある中、何を基準に選べば良いのか分からなくなりますよね。まずは、その部屋になにを配置するかを明確にすることが重要です。テレビボードやチェストをおくのか?観葉植物などのインテリアを置くのか?それによって、導線の確保やソファの位置がきまってくるのです。

私が思うに、長いすの一般的な解釈はソファということになるのでは?

長いすの種類でパっと思いつくのはやはりソファやベンチでしょうか。
実際に、家の中の部屋におく長いすと言えばソファーしかないのでは?

中にはコーナーに配置できるようL字型になっているコーナーソファや、ベッドとして使えるソファベッドなどがありますね。こちらのソファに関する情報は、そのままソファベッドにも応用が利きますので、ソファベッド情報として捕らえてもらってもなんら問題はないかと思われます。

ソファベッドのサイズで選ぶ

ソファベッドを家に配置したら当然、ゆったりくつろぎたいですよ?

ソファベッドを置くスペースが十分に取られているなら3〜4人座れるサイズのものを勧めるところですが、それが難しい場合には2〜3人分座れるサイズのソファベッドを選んでみるのもいいかもしれません。

ソファベッドは「2人で使うものだから2人掛け」 と単純なサイズ選択で選べる家具ではありません。

部屋のスペースに余裕があるのであれば、キングサイズやクィーンサイズぐらいの大きめのソファベッドを探してみても良いのではないでしょうか?ただ、そこまで大きいソファベッドがあったとして、変形させるときに手間が掛かりそうなので、大きすぎるサイズは、ソファベッドには向いていないのかもしれませんね。

ベッドのサイズと違って、ソファベッドの場合は、自分で切り替えれるサイズかどうかも大事って事ですね。サイズ選びで失敗しないように、皆様も気をつけて選んでください。

必ず実際に座ったり、寝心地を確かめて、窮屈でないか、高さやサイズは合っているかなど吟味しましょう。
ベッドを激安ソファのu lifeで購入した後、搬入できないと言うような悲惨な事にならない為にも、しっかりと覚えておきましょう。

高さを考えよう

ソファベッドの高さにはロー(低い)タイプとハイ(高い)タイプが存在。

ロータイプのソファベッドは、背の高い方やお年寄りの方には若干不向きですが、床に座るような感覚でリラックスすることができる高さのソファベッドです。また、見た目が低くなる副作用で天井が高く部屋が広く感じられるという効果もあります。

一方ハイタイプの特徴は、一般的に種類が一番豊富な形として知られています。座面が高いので、立ったり座ったりの上下運動がロータイプのソファベッドに比べてやりやすいです。

脚付きタイプは圧迫感が少なく部屋を広く感じられますが、ソファソファベッドの下にゴミやホコリがたまりやすく、また目に付きやすくなります。お子さんのいる家庭では、ホコリでアレルギーが起こる可能性もあるのでフローリングに置く場合はマメに掃除するなどの注意が必要です。また、その構造上、ソファベッドとして若干もろくなっている気がします。頻繁にソファとベッドを組み替える使用をするなら、注意ですね。

最後に硬さを決めよう

ソファの硬さは、ハード(硬い)タイプとソフト(柔らかい)タイプに分けられます。

ハードタイプは体重がかかる部分が硬いのであまり腰が沈み込まず、腰痛の方やご年配の方によく使われています。

逆にソフトタイプは腰が沈みやすいせいで立ったり座ったりが大変になりますが、座った時にちょうど包み込まれるような優しい感覚なので安心感があります。特に若い方には人気があります。

注目サイト